むし歯予防

小児歯科専門医がお応えします。子どもの歯の気がかり!Q&A

Q4:おっぱいはいつまで続けるの?

A:母乳の成分は乳児にとってあらゆる面で優れており、栄養を摂取するだけでなく、免疫力をつけたり、スキンシップをはかって情緒面においてもかけがえのないものです。

ただし、残念ながら、2・3歳頃まで続けているとおっぱい虫歯といって、前歯に特有の虫歯ができやすいのも事実です。

これは、決して母乳が悪いのではなく、汚れを残したまま寝かしつけてしまうことが原因です。

寝ている間は、唾液が減り(唾液による自浄作用が落ちるので)、虫歯菌が活動しやすい、虫歯ができやすい状況になるからです。

ですから、授乳後、歯磨きができればいいのですが、寝てしまうことが多いので、授乳前にその日の汚れをしっかり歯磨きで取り除いたり、授乳後に寝てしまったら、せめて湿った清潔なガーゼで汚れをさっとふき取る、朝、起きたらしっかり磨くなどの工夫が必要です。

しっかり虫歯予防さえできていれば、卒乳はゆっくりでもいいのでは・・・

おっぱい虫歯!?〜おっぱい虫歯の予防方法!

閉じるボタン

©Hello Dental Clinic. All Right Reserved.